So-net無料ブログ作成

2017年4月 白浜パンダ(4) [白浜パンダ(結浜)]

 2017年4月中旬、午前中のブリーディングセンター。



 左側の屋外運動場には・・・・

櫓登りをあきらめる結浜(1).jpg

 結 「・・・」
 未練たっぷりに、梯子の裏側を見つめる結ちゃんの姿が。



 先ほどの落下のダメージが少なかったようで何より♪と思う反面。

櫓登りをあきらめる結浜(2).jpg

 結 「よいちょ~!!」
 再び立ち上がる結ちゃんの不屈の精神には頭が下がる思いがします(*^_^*)




櫓登りをあきらめる結浜(3).jpg

 結 「おもい~こんだ~ら 試練の道を~♪ でしゅ」
 おっと、ここで平成28年生まれとは思えないレトロな一節が飛び出しました(^O^)



 今どきの若者は確実に知らない根性マンガ、こういうことを書くと、年齢が丸わかりなのはさておき。

櫓登りをあきらめる結浜(4).jpg

 結 「アガガ・・・で、『重いコンダラ』って、結局何だったのかにゃ?」
 昭和っ子共通の「コンダラ」問題で悩む結ちゃん。




櫓登りをあきらめる結浜(5).jpg

 結 「コンダラ、コンダラ・・・」
 呪文のように唱えてもみますが、その結果櫓の上に登れるわけでもなく。




櫓登りをあきらめる結浜(6).jpg

 結 「『コンダラ』は忘れて、梯子に集中しましゅ」
 とりあえず「コンダラ」問題はわきに置くことにしたようです(^O^)




櫓登りをあきらめる結浜(7).jpg

 結 「今度こそ、登ってみせましゅよ♪」
 再び、梯子の裏側からの登頂を目指す結ちゃん。
 パンダ界初の試みが成功するかどうか、運動場のオーディエンスも息をのんで見守ります。




櫓登りをあきらめる結浜(8).jpg

 結 「よいちょ、よいちょ」
 おっと結ちゃん、今度はいい感じに梯子の裏を上り始めました。



 好調な出だしに、今度こそ梯子の裏からの登頂が達成できるのでは・・・と、運動場の期待も高まりますが。

櫓登りをあきらめる結浜(9).jpg

 結 「ズルリ♪」
 身軽なコパンダといえども、重力に逆らうことはむつかしいようでして。




櫓登りをあきらめる結浜(10).jpg

 結 「むき~! 落ちちゃったでしゅ~!!」
 あえなく地面に落下。




櫓登りをあきらめる結浜(11).jpg

 結 「よいちょ、よいちょ」
 不屈の結ちゃん、再び梯子の裏側に取り付きまして。




櫓登りをあきらめる結浜(12).jpg

 結 「ここから梯子の表に回ろうかにゃ・・・」
 今度は表側からの登頂を目指してみますが。



櫓登りをあきらめる結浜(13).jpg

 結 「・・・・」
 まだまだ小さなコパンダの腕力には限りがありまして。




櫓登りをあきらめる結浜(14).jpg

 結 「ズルリ♪」
 再び落下。



櫓登りをあきらめる結浜(15).jpg

 結 「登れにゃい…」
 白浜のアイガー北壁・梯子の裏は、前パン未到のままで終わってしまうのでしょうか?



 ちょっと長くなりそうですので、続きは明日といたします。

 それでは失礼します。
 
nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 3

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0