So-net無料ブログ作成

2017年4月 白浜パンダ(30) [白浜パンダ(結浜)]

 2017年4月中旬、午前中のブリーディングセンター。



 右側の屋外運動場には・・・・

飼育員さんに遊んでもらう結浜(1).jpg

 飼育員さんの作業をジャマしないよう、滑り台の上にのせられる結ちゃんの姿が。




飼育員さんに遊んでもらう結浜(2).jpg

 結 「にゃ? ゆいたん、斜めになってましゅよ?」
 滑り台を滑る結ちゃんが見たい~(≧∀≦)という運動場の観客の希望に応えるべく。



飼育員さんに遊んでもらう結浜(3).jpg

 結 「押すにゃよ? 絶対に押すにゃよ?」
 結ちゃんの可愛いオトボケを合図としまして。




飼育員さんに遊んでもらう結浜(4).jpg

 結 「シュゥ~」
 結ちゃん、可愛く滑り台を滑り降りました(≧∀≦)




飼育員さんに遊んでもらう結浜(5).jpg

 結 「ズザザ♪」
 無事に可愛く滑りきった結ちゃんに、運動場のお客さんも大喜びでした(*^_^*)




飼育員さんに遊んでもらう結浜(6).jpg

 結 「しゃてしゃて、一仕事終わったにゃ・・・」
 「押すにゃよ?」からの滑り降りまでの大仕事を無事に終えた結ちゃんが向かう先は、飼育員さんが作業しておられるところだったのですが。




飼育員さんに遊んでもらう結浜(7).jpg

 飼育員さん 「ガシシっ!」
 結ちゃんがちりとりに到達する前に、飼育員さんは結ちゃんを捕獲。




飼育員さんに遊んでもらう結浜(8).jpg

 結 「いや~ん おてちゅだい(お手伝い)しましゅ~」
 結ちゃんは可愛い抗議を試みてみるものの。




飼育員さんに遊んでもらう結浜(9).jpg

 飼育員さん 「ヒョイ♪」
 抗議も空しく、再び抱え上げられまして。




飼育員さんに遊んでもらう結浜(10).jpg

 可愛い逆さ向きのままで運動場を左側に向かって運ばれます。




飼育員さんに遊んでもらう結浜(11).jpg

 その後は、柔らかい芝生の上に優しく置かれまして。




飼育員さんに遊んでもらう結浜(12).jpg

 結 「ちかたにゃい(仕方ない) 一人であしょび(遊び)ましゅか・・・」
 結ちゃん、運動場を更に左に進みます。




飼育員さんに遊んでもらう結浜(13).jpg

 結 「トコトコ♪」
 結ちゃんが可愛く歩みを進めるその先には。




飼育員さんに遊んでもらう結浜(14).jpg

 結 「ちらはま(白浜)温泉の湯本はどうなっているのかにゃ・・・」
 白浜温泉の湯本・・・ではなく、水飲み場があったのでした(^o^)


 ちょっと長くなりそうですので、続きは明日といたしますが・・・

 少し前になりましたが、5月下旬、休日に白浜訪問が叶いました。
 海くん・陽ちゃん・優ちゃんは既に検疫に入っており公開されていないことは分かっていたのですが、姿が見られなくても、せめて白浜にいる間に、同じ空気をクンクンしに行きたいという、マニアらしい邪な目的を持って入園してみたところ。

1.jpg

 結 「ぐー」
 この日も朝からフルスロットルだった結ちゃんの、珍しいお昼寝姿が見られたり。



2.jpg

 良 「お、お腹が空いたわ・・・バタッ!」
 行き倒れチック(笑)な寝相も超絶ラブリーなマダムを楽しんだり。




3.jpg

 永 「今日も外は暑そうで、ご苦労様ですな・・・」
 永明さんは相変わらずカッコ良かったり。




5.jpg

 桃 「タケノコ、タケノコ♪」
 検疫のために利用されているPANDA LOVEから、桃ちゃんが一時ブリーディングセンターに出張してバックヤードツアーを担当していたり。




4.jpg

 桜 「はおち~♪」
 PANDA LOVEのうち、検疫所として利用されていない屋外運動場では、桜ちゃんが一人で頑張っていたり。


 海くん・陽ちゃん・優ちゃんが呼吸した空気をクンクンしに行くという目的を超えて、非常に楽しく過ごさせていただきました(*^_^*)


 ブリーディングセンターの屋内運動場は封鎖されていまして。

6.jpg

 上の方には海くん・陽ちゃん・優ちゃんを送り出すための垂れ幕が掲げられており。




7.jpg

 入口には、PANDA LOVE屋内運動場を検疫のために閉め切るというポスターが掲示されていました。



 が、よくよく考えてみますと、PANDA LOVEはガラス張りの建物。
 ということは。

8.jpg

 陽 「コンニチハ♪」
 ガラス越しの左側の屋内運動場には、陽ちゃんが可愛くタケノコを味わう様子が見えておりまして。




9.jpg

 海 「モグモグ♪」
 同じくガラス越しの右側の屋内運動場には、海くんが竹を食べる様子がバッチリと見えていました。



 その結果。

10.jpg

 陽ちゃんがブリーディングセンターに移動して以降見ることができなかった双子のツーショットを久しぶりに見ることができました(^o^)



 お昼過ぎに海くんがバックヤードに収納された後の右側の屋内運動場には。

11.jpg

 優 「タケノコは見ても楽しむもの・・・モグモグ♪」
 優ちゃんが登場していました。


 6月4日に予定されている送迎会にはどう考えても参加できず、また2017年4月には十分なお別れが出来ておらずちょっぴり悔いが残っていたのですが、ガラス越しとはいえ、最後に3人を十分に見ることが出来て、すっかり気持ちが前向きになりました。

 このような展示がいつも行われているのかどうかは分かりませんが、アドベンチャーワールド側の素晴らしい配慮には感謝あるのみです(*^_^*)


 ちなみに、PANDA LOVE外側の竹の植栽の側には。

12.jpg

 海くんや。



13.jpg

 陽ちゃん。



14.jpg

 そして優ちゃんのパネルが設置されており、竹藪から3人が出てきたような(≧∀≦)錯覚を楽しむことが出来ました。


 ところで優ちゃんには言わないといけないことが・・・

 実は私、海くんと優ちゃんの見分けが3秒くらい付かないことが多く、5月訪問時も寝ている海くんを見て、「あっ! 優ちゃんだ・・・・じゃなくて、海くんだ!」って思っちゃったんですよね・・・3秒見たら、確実に見分けられるんだけど、やっぱりおでこが似ているからなのかな・・・

15.jpg

 優 「ガ~ン! な、なんですとぉ〜!?」
 優ちゃん、ゴメンね。
 でもそんなにショックを受けなくても・・・・



16.jpg

 優 「・・・海おにーたんは好きだけど、似ていると言われるなら、陽おねーたんの方が嬉しい気がします・・・」
 
 な~んて、マニアの妄想会話を促進する可愛いパネルでした(^o^)


 2017年5月の様子は、また整理してお送りいたします。


 それでは失礼します。

nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0